MENU

今話題の個人向けカーリースでのおすすめなのはここ!

スマートビーグル・・・コスモ石油のカーリース

スマートビーグル・・・コスモ石油のカーリース

コスモ石油が提案する新しい車の乗り方コスモスマートビークル !

おすすめなプランは、コスモ石油独自のメンテナンスサービス「ゴールドパック」!これは車に乗る方にはとてもうれしい3つの大変おトクな特長があるんです!約7割がこのゴールドパックにて申込してますよ!

手軽 月々定額のため、お支払いが一定!

毎月の出費が一定!なので、家計を気にする主婦の方やシニアの方に特にこのポイントが人気なんです!

身軽 車検・税金すべてコミコミ!

車のメンテナンスや税金はすべてコスモ石油にお任せ!車のことがよく分からない女性の方やシニアの方に特にこのポイントが人気なんです!

気軽 燃料油割引などとってもおトクな特典が多数!

カーリース業界初!なんとガソリン代最大5円/リットル割引!ガソリン代は1円でも安いほうが家計にやさしい!このポイントが主婦の方に特に人気なんです!
※未成年や70歳以上の方は申し込みできません。カーリースの契約にはもちろん審査があります。

 

スマートビーグルの利用者の口コミを見てみる!

スマートビーグルは他社にはないメンテナンス費用もコミコミ!

  • タイヤ交換 60,000円→0円!
  • バッテリー交換 15,000円→0円!
  • ブレーキパッド交換 20,000円→0円!

etc…。メンテナンス費用も家計にばかにならないくらいお金がかかるので、絶対にこのサービスは欠かせませんね!
※表記の費用は市場価格(工費込み)です。

今話題の最新車種ももちろん取り揃えています!

  ★トヨタ  カローラフィールダーハイブリッド 43,575円/月
  ★ホンダ  新型フィットハイブリッド     36,645円/月
  ★日産   デイズ              26,670円/月
  ★ダイハツ 新型ミライース          22,995円/月
  ★三菱   新型ekワゴン           28,245円/月
※試算条件は、最もおすすめの【契約期間60ヶ月(5年)・ゴールドパック】です。

 

安く手軽に車に乗りたい方!ぜひこのスマートビーグルをおすすめします!

スマートビーグル

 

 

カーリースはおすすめなの?個人でのカーリースのメリットは?

 

カーリースはおすすめなの?個人でのカーリースのメリットは?

今は車を乗り換えたい或いは新しい車を運転したいと考えた場合に、カーリースのシステムを利用する人も増えてきています。カーリースは当初は法人以外が利用しても、あまりメリットはないのではないかと思われていましたが、個人が利用しても十分メリットはあると徐々に考えられるようになり、より一層サービスを充実させたり、新しくカーリースのサービスを始める会社も出始めています。そこでここでは個人がカーリースを利用する場合に、どんなメリット考えられるかについて、お話していきたいと思います。

 

カーリースとはマイカーを新しくする際に、車を買う以外の選択肢であり、リース会社(ファイナンス会社)の購入した車を、毎月決まった額のリース料を払いながら一定期間借り受けて、マイカーとして継続的に乗り続ける車の利用法のことです。初期費用(頭金・登録諸費用等)及び、契約期間中の車検費用や車関連の各種の税金は、車の所有権のあるリース会社が支払た手続の代行をしてくれるため、利用者は毎月定額のリース料を払っていればよいので、それ以外の手間やお金をかけないで、車を利用することが出来るのです。仕事や家事等で忙しい人は、車のことで時間を割く必要が殆どありませんから、個人の利用には大きなメリットであると言えます。

 

希望しなければ頭金としての支払が不要、車検代等の臨寺費用の支出の手続も不要、毎月定額のリース費用で車に乗り続けられるカーリースは、個人が利用しても非常にメリットがあるものであることは、多くの人にとっては異存のないところだと思います。しかし最初にお話したような、カーリースというシステムは会社等の法人向けのもので、個人には馴染まないシステムだという考え方は、未だに根強く存在するとのことです。

 

とは言うものの、あるカーリースサービスのユーザーたちに調査をしたところ、カーリースのメリットとして、毎月数万円支払なら、新車購入の際の一括払いより負担が小さい、特に年配のユーザーにとっては何歳まで生きていられるかわからず、従って長期間乗り続けられる保証がないため、短期間に区切って良い車を運転できるのは良いシステムで、とても助かるという意見もあるそうです。

 

ガソリン代が安くなる、期間を決めて乗った上で契約修了間際に、別の車種に乗り換える・購入する・新たな契約はしない、のいずれかの選択が出来る、メンテナンスや車検の手間をかけずに済み、何でも任せられるので安心、困ったときには自分1人で悩まずに、リース会社に何でも相談出来るのが良いという意見もあるそうです。またランニングコストが平均化されるので、支出の計画が立てやすいこと、購入のためのローンより月々の支払額が低く抑えられるため、手元に現金を残しておくことが出来る等、個人向けにカーリースにもメリットは沢山あります。手元に残った現金は他の支出に回すことも出来ますし、自分の好きな車種に乗れることは、単純に気分が良く見栄えが良いという、感覚も持つことが出来ます。

 

カーリースと車購入、どっちが良い?

 

カーリースと車購入、どっちが良い?

個人的に欲しい車を手に入れる方法には、ローンを組んで購入する他に、カーリースのサービスを利用するという方法もあります。カーリースのサービスは以前からあるサービスですが、当初は経費削減が出来るところから、法人向けと考えられていました。個人向けのサービスとしても、徐々にメリットが理解されるようになり人気もあがってきました。とくに2009年から2015年にかけては、カーリースの契約台数は右肩上がりに上がっているそうです。

 

しかし最近では車のローンでも、カーリースのシステムとよく似た残価設定ローンというローンも、登場してきているのだそうです。このローンは、購入価格が抑えられ、毎月の支払額も抑えられるということで、特にトヨタが本腰を入れてPRしているとのことです。ローンの支払が済んだ後、新車に買い換える・車を返す・買い取るの、いずれかの選択も出来るとのことで、その点もカーリースと似通ったところです。

 

残価設定ローンでは更に新車に買い換えても車を返しても、残価の設定は不要となり、買取の場合は残価を一括払いするか、新たにローンを組んで分割払をするかの、いずれかの選択をすることになります。但し検討している車が対象車種でなかったり、車を買った店でしか受け付けてもらえなかったり、改造やドレスアップが大幅にされている・傷が酷い・事故歴や修復歴がある・規定の走行距離をオーバーしている等の理由に該当しますと、お金を余分に支払わなければいけなくなりますので、注意が必要です。

 

一方カーリースでは、リース会社で設定している車種の中から、好きなグレードやオプションを選択出来ますし、希望しない限りは頭金の支払も必要ありません。また契約内容にもよりますが、1番いい条件の契約ですと車検・メンテナンス・車に関する諸税・保険料等の支払いは、全て代行してもらうことも可能ですが、リース契約が終了しても買い取らない限りは、マイカーにすることは出来ません。通常のローンですと頭金の支払や、車検・税金や保険の支払・メンテナンス等の手続は、全て行わなければなりませんが、ローンの支払が完了すればマイカーにすることが可能です。この点が、ローンとリースの大きな違いの1つと言えるでしょう。

 

契約時のことを比較しますと、通常のローンでは値引き交渉の上で頭金を用意し、リースは予定残存価格を設定して、車両本体の価格から差し引いた額によって、リース額の総額を決めるという違いがあります。リースの場合は、契約満了時の下取価格が頭金として、リース料に組み込まれますが、希望すれば頭金として支払うことも可能な場合もあります。通常のローンでは、数年に渡り、車両代・燃料代・自動車税・車検代・自動車保険等の出費が断続的にありますが、リースでは個別にかかるのは、燃料費・整備料金・交換部品代位です。ローンでは完済しますとマイカーにしても良いのですが、事実上乗り換えが基本となり、リースですと乗り換え・再リース・買取・終了と、選択肢が多く用意されています。

 

このようにローンにもリースにも、それぞれメリットとデメリットとがあり、個人の好みや直面している状況によっても事情は変わりますから、どちらがいいとは一概には言えません。どちらの方法で車を入手するにしても、経済的に無理のない方法で入手して頂きたいと思います。